まずは、今までの勉強の常識をひっくり返す、
2分程度の短いビデオを見てください。

※音声が出ます。ボリュームをご確認ください。

 

From: 中村一樹
東京都千代田区岩本町

私、中村一樹はこれまで、穏やかな性格で通ってきました。

 

子どももいます。家庭もあります。
だから争いごとを避け、いつも波風を立てないように大人しくしていました。

 

でも、いい加減、我慢の限界です。

今の資格試験業界は、目に余るものがあります。

 

「これさえやれば合格できますよ」
「うちの予備校に入れば合格まで一直線です!」

 

こんな甘い誘い文句で生徒を誘い、もともと素質があって合格した人だけを大きく宣伝。
落ちこぼれる生徒がいても形ばかりのフォローだけ。

 

そんなバカな話がありますか?

 

 

予備校と言っても、提供するのは教材と授業だけ。

 

勉強が大好きな人はいいでしょう。

理解も早いし、自分でどんどん進んでいけますから。

 

でも、勉強が嫌いな95%の人間はどうすればいいんですか?

 

授業なんて1回聞いただけじゃ理解できないでしょ?
忙しいのに毎回毎回、膨大な量の予習復習をこなせって言うんですか?

 

あなたの頭の中の声は
「どうやったら合格できるの?」
「内容はいいから、とにかく私を合格させてよ!」

という痛みにも似た叫びですよね?

 

教材だけ与えて、「勉強のやり方」を教えないのは、
不十分だと言わざるをえません。

 

しかも予備校の授業は、全範囲をカバーしています。
「習ってないことが試験に出た」との批判を受けないためです。

 

だから試験には関係ない、
ほんの細かいところまで勉強させられているのを知っていますか?

 

それなのに、
肝心の勉強のやり方を教えてくれる人は誰もいない。

 

じゃあ、最近ブームの勉強本を読めばいいかと言うと・・・

今は勉強本ブームのようで、本屋に行けば●●式勉強法と名をつけた本が
星の数ほど並んでいます。

 

でも、中を見てみると、
自分がたまたま成功した方法を自慢げに書いているばかり。

 

どうして税理士に受かった人が、
公認会計士試験の勉強方法を語れるのですか?

 

ましてやどうして、試験を受けたこともない「自称コンサルタント」が
さも勉強法を知っているかのふりをして勉強本を出せるのか?

 

私には不思議でなりません。

 

ある本は、毎日●分勉強しなさいと言います。
ある本は、朝5時に起きて勉強しろと言います。

 

あなたはそれが続きますか?
一時的にモチベーションが上がっても、せいぜい続くのは1週間ですよね?

 

結局、机上の空論でしかないのです。

 

だから、

 

「あぁ、5時に起きられなかった。やっぱり私はダメ人間だ」
「たった30分の勉強が続かない・・・。自分みたいなのに
合格は無理だろうな」

 

なんて、不必要に自信をなくすことになってしまうのです。

 

 

私は、怒りを感じます。

 

教材だけ与えて、やり方を教えない無責任なスクール。
勉強法を知っているかの振りをしてたまたま成功したやり方を教え挫折させる勉強本。

 

真剣に資格試験に合格したいと願う受験生がいいように踊らされ
不必要に遠回りをさせられているのです。

 

資格を取りたいと一生懸命がんばっている人を救うために
何か、私にできることはないか。

 

そうして考え付いたのが、

「正しい勉強法を公開すればいいのではないか?」

ということでした。

 

そこで・・・

はじめまして。中村一樹と申します。

 

私はこれまで、400個以上の資格試験に合格してきました。

 

取得資格は公認会計士、国家公務員?種試験(国?)など、
難関とされている資格から、

 

英検1級・簿記1級・宅建・行政書士・社会保険労務士・情報処理能力などの固めのもの。

 

それから色彩検定・調理師・保育士・ボイラー技師・測量士国家試験など多岐にわたり、

「平成の資格王」と呼ばれています。

 

【プロフィール】

中村 一樹

株式会社クイック教育システムズ代表取締役。

 

1972年三重県生まれ。東京大学工学部卒業。

 

資格試験に絶大なる自信とテクニックを持つ資格受験界の革命的存在で、

「平成の資格王」の別名がある。

公認会計士、国家公務員 I 種試験という超難関資格をはじめ、
取得した資格の数は452個。

指導した資格試験受験生の数は2,000人にのぼる。

その合理的な指導が生み出す驚異的な合格率が、口コミで話題となっている。

また資格試験の監修をしている立場でもありますので、
どのように受験生をふるいにかけるか知っています。

 

資格試験に合格するのは全然難しいことではないのに。
もっと少ない努力で、もっと短時間で合格できるのに。

 

そう思うこともしばしばです。

 

2,000人以上の生徒に勉強法を指導してきた経験から、
私の勉強法が資格試験合格に有効だということは証明済みです。

 

私があなたに、最短最小の努力で資格試験に合格する勉強法を教えます・・・

誰もがそう思うでしょう。

 

私も、無駄な勉強はしたくありません。

その時間があれば、ほかの好きなことをやっていたいですから。

 

そんな、怠け者の私が資格合格のためにやったことと言えば、

 

「合格点を取れるだけのギリギリ最低限の勉強をやった」

 

たったこれだけです。

 

でも、
「長時間がんばらないと合格できない」
「努力した人間だけが合格できる」

という予備校のまいたウソを信じてしまっている人が多いのに驚きます

 

しかし、私は言い切ります。

 

「資格試験に短時間でラクに合格する方法はある」
と。

 

その方法は、実に明確に説明できます。
すなわち・・・

私の勉強法は、「試験で合格点を取る」ことだけが目的です。

 

資格試験の受験生の中には、

「今年こそ合格するぞ」と言いながら

毎年懲りもせず同じ試験を受けている人がいます。

 

私はそんな人を見ると、

「どうして早く合格してしまわないんだろう?」

と不思議で仕方ありません。

 

勉強が好きなんですか?

 

それならどうぞ、思う存分勉強してください。

合格するまで何年かかろうが、楽しい勉強を続けていればいいと思います。

 

しかし、私は違います。

 

受けるからには合格したい。

資格を取らなければ意味がない。

 

たとえ、その学科に対する知識が不足していても、

たとえ、試験前日に初めて参考書を買ったとしても、

とにかく合格する。

 

「合格」という2文字だけを目的に、非情なまでに徹底して効率的な勉強法を研究し、
これだ!と思える勉強法を見つけました。

 

私は今では、試験当日にはじめて本屋で参考書を立ち読みして
それで合格してしまう、なんていう芸当までできてしまいます。

 

それもひとえに、資格試験に合格する勉強法を知っているからなのですが・・・

このようによく言われるのですが・・・。

 

お恥ずかしい話、実は私、昔は劣等生でした

 

勉強嫌いでしたし、本を読むのも大嫌い。学校の成績は良くありませんでした。

 

父の仕事の関係で外国での生活が長かったために、
勉強の進んでいる日本に戻ってきたら授業についていけないのです。

 

成績を取り戻すために塾に入ろうとしても、入塾テストでは点数が足りず不合格という判定。

 

帰国子女なのに英語の成績は「3」でした。

 

そんな私が東大に合格できたのは、
ひとえに「勉強法」に気がついたからでした。

 

勉強は大嫌い。でも、迫ってくる試験を避けることはできない。
どうにかして短時間で楽に勉強をすませられないか、と

必死で考えた末に考えついたのが今の勉強法なのです

 

その勉強法に気がついた結果、

東大に進学した上、公認会計士、国家公務員?種試験などの

難関資格をはじめ、400以上の資格に合格することができました。

 

その後、私の勉強法を伝えた多くの人が、
国家試験をはじめとする、あらゆる試験に合格。

 

「平成の資格王」という呼び名をいただくまでになったのです。

 

ところが、勉強法を知らない受験生は、こんなデマに流されてしまいます・・・

こんなふうに、資格試験業界は受験生を惑わせてくるのです。

でも、本当のことを言ってしまえば、

有名予備校に通うだとか、人気No.1の参考書を使うだとかは
合格には
関係ありません。

 

もしそれが重要なら、有名予備校に通ったり人気の参考書を使った人は
みんな合格するだろう、という話ですからね。

 

では、真実は何かというと、

 

資格試験に合格できるかどうかは、

 

「勉強法」を知っているかどうかで決まります。

 

これはまぎれもない事実です。

 

私自身が400以上の資格試験に合格。
2,000人以上が実践し、大きな成果を出していることからも
証明されています。

 

私の勉強法を知っていれば、
最小の努力、最短時間で資格試験に合格することが可能なのです。

 

はい、私が452の試験に合格、
そして2,000人の実践者が成果を出してきた勉強法をお教えします。

 

これまでの常識をひっくり返しますから、
1つ1つじっくり読んでください。

 

一つ目は、実に多くの人がやってしまう間違いですが・・・

もちろん、十人十色でそれぞれの人に合った参考書というのがありますので、

いちがいにはいえません。

 

しかし、一般的には「厚くもなく、薄くもないちょうどよいもの」

がいいとされています。

実際、書店に行けばそのぐらいの厚さのものが一番多く置かれているようです。

 

ですが、資格試験に合格したければ、
参考書はできるだけ薄いものを買ってください。

 

厚い参考書だと途中で挫折しやすいという理由ももちろんあります。

 

しかし、逆説的ですが
参考書は薄ければ薄いほど身に付きやすいのです。

 

「薄いほうが学習効果が高い」ということは
科学的に証明されています

 

 

ForgettingCurve

「エヴィングハウスの忘却曲線」という名で知られる、

人間の記憶に関する研究があります。

 

数字を覚えさせ、どのくらいの期間、
覚えていられたかを計ったテストです。

 

1時間後には、56%を忘却し、44%を覚えていた。

1日後には、74%を忘却し、26%を覚えていた。
(出典:Wikipedia)

 

この結果をみると、一度勉強しても、ちょっと放置しておくとほとんど忘れてしまう。

だから、適切なタイミングで復習しなければ

意味がないということです。

 

薄いテキストだと復習がしやすいため、実にぴったりのタイミングで復習ができ、結果的に
厚いテキストを1回通してやった以上の知識が
頭に残っている
というわけです。

 

 

最短で合格したいのなら、薄い参考書を選ぶということを、決して忘れないでください。

 

さて、次の勉強法を紹介します。

学校の先生と反対のことを言うので、びっくりするかもしれませんが・・・

あなたは勉強をしていて難しい問題があったら、どうしていますか?

 

最近はやりの「地頭」を鍛えるということで言えば、
「わからない問題はわかるまでじっくり考えなさい」
ということになるでしょう。

 

小学校や中学校のときにも、
「わからなくても粘り強く考えなさい。そうしてこそ実力がつくんだから」
と言われたことがあるかもしれません。

 

しかし、私はまっこうから反対します。
5分考えてわからなければ、問題集の答えをみてください。

 

5分考えてわからない問題は、1時間考えてもわかるはずがありません。

 

あなたが暇で暇でしょうがないほど時間を持て余しているならいいのですが、
私たちは限られた時間で効率よく全範囲を勉強しなければなりません。

 

わからない問題は、さっさと答えをみて、
そこから解答法を学びとるようにしてください。

 

 

これも、数ある勉強法のうち、重要なものの一つですね。

 

こういう勉強法をいくつもいくつも知っていたら、
勉強がずいぶん楽に、効率的になると思いませんか?

 

実は・・・

これまでに話をした勉強法は、私の勉強法のほんの一部です。

 

これまで、書籍も執筆してきました。

 

しかし、ページ数の制限もあり、お伝えしたいことを
すべてお教えしきれないということを常に感じていました。

 

27年間で蓄積してきた膨大な勉強法をすべてお伝えするには
膨大なスペースが必要になるからです。

 

直接私の講義を聞いてもらえれば、まだ簡潔に伝えることができます。

文字よりも、目で見て耳で聞くほうが伝わる情報量が多いからです。

 

ですから私の指導を直接受けてもらえればそれが一番いいのですが、
私も仕事があるため、全国をまわるのは難しい状況です。

 

それでも、資格試験業界のデマに振り回される受験生に、
正しい勉強法を伝えたい・・・・。

 

この勉強法に気がつき、何度もブラッシュアップしてきた結果、
今や、私が試験を受ける際の「勉強計画」というのは
「試験前日に駅前の本屋で参考書を20分立ち読みしよう」

であったり、

 

私がする「試験勉強」というのは
「試験会場に向かう電車の中で過去問を眺める」

程度であったりします。

 

勉強法をとことんまでつきつめれば、 このようなことができるようになるのです。

 

あなたも、この勉強法を知って
資格試験合格を近づけてほしい・・・。

 

そう考え、資格試験に最小の努力、最短の時間で合格するための勉強法を、
講義形式でとことん語り、DVDに収録しました。

 

DVDならば、内容を誤解することなく、
長々と文字を読むわずらわしさもなく、
学ぶことができるのではないか、と考えたわけです。

 

ムダを省き、重要なポイントにしぼって語りましたが、
それでもDVDは3枚組になりました。

 

どれを取っても欠かすことができない内容だったからです。

 

では、そのDVDの内容を1つ1つ、詳しく紹介していきます。

※画像はイメージです。

 

「計画を立てろ」「目標を持て」と言われても、実行できない計画ばかり。

 

それは、資格試験合格のための正しい計画の立て方を知らないからです。

 

正しい計画の立て方を知れば、驚くほど勉強がはかどります。
この計画の立て方無くして、
400以上の資格に合格することはできなかったでしょう。

 

いくつもの資格試験を並行して準備してきた私が、
試験合格に的を絞った計画の立て方を教えます。

 

さらに
忙しい中でも試験準備をしてしまう、
中村流時間活用術も公開します。

 

  • もう「モチベーションが上がらない」と悩む必要はありません・・・ 好きなテレビ番組を見るように、おもしろいほど勉強に熱中できる4つの方法とは?
  •  

  • 自分の弱さを封じ込め、嫌でも勉強せざるを得ない環境に追い込んでしまう方法とは? (日本人特有の感情を利用する方法ですが、うまくやれば効果テキメンです)
  •  

  • これをしなければ、受かるはずの試験にも落ちてしまいます・・・勉強を始める前にやるべき、ある1つのこととは?
  •  

  • 合格者の脳を手に入れる方法とは?(100%全部適用すると逆効果になることがありますので、ご注意ください)
  •  

  • なぜ今これをするのか・・・合格する前に、合格体験記を書く理由とは?
  •  

  • 資格試験の合格を早める、4文字のフレームワークとは? (ビジネスマンなら当たり前のように使っているものですが、これが意外に勉強に役立つのです)
  •  

  • これに当てはまったら、合格は難しいかもしれません・・・不合格者に共通する6つのポイントとは?
  •  

  • カリスマ講師の出題予想を手に入れてはいけないワケとは? (つい、すがってしまいがちですが、代わりに失うものがあるかもしれないということです)
  •  

  • これができても点数につながりません・・・つい多くの人がやってしまいがちな、 本来専門家がやるべき1つのこととは?
  •  

  • 勉強を邪魔する3つの要因とは? (この3つをクリアしないと、いつまでも合格できないという事態におちいるかもしれません)
  •  

  • モチベーションが下がる、難しい問題に嫌気がさす、スランプを乗り越えられない・・・ こんな人間の弱さに打ちかつ、1つの解決策とは?

     

  • まずは小さな資格から取ったほうがいい理由とは? (急がば回れではありませんが、簡単な資格から取ったほうが難関試験の合格が早まることがあるのです)
  •  

  • 多くの司法試験合格者も活用している方法ですが・・・参考書を進めるのが楽しみになる、1つの仕掛けとは?
  •  

  • スランプから抜け出す4つの方法とは?(スランプになったら勉強を休むのもいいですが、 それだけで乗り越えられない場合は4つのうち1つでも試してみてください)
  •  

  • 時間が無いのに時間がある?・・・誰にでもある時間を利用した、5パターンの時間捻出術とは?
  •  

  • 机に向かうよりも細切れ時間を活用したほうが、記憶効果が高いワケとは? (海外の実験でも証明されていることですが、この方法が効果的なのです)
  •  

  • 読書が大嫌い・・・でも自然と頭に入ってくる、6つの時間帯別の勉強法とは?
  •  

  • 大好きなTV番組を見るかのように、楽しく勉強できる3つの手順とは? (この方法なら司法試験の口述試験対策も、一人でできてしまうのです)
  •  

  • 予備校、通信教育、独学・・・各勉強法の長所と短所とは?
  •  

  • ほかの勉強法の弱点をカバーする、パソコンの使い方 とは?(うまく使えばパソコンは優れた学習道具になるのです)
  •  

  • 合格のためには活用しない手はありません・・・パソコンの6つの利用方法とは?
  •  

  • 少し値は張るけれど、つい勉強したくなる1つのアイテムとは? (あるジャンルの試験に関しては、必須と言ってもいいかもしれません)
  •  

  • 通信教育は返信が遅い・・・普通の通信教育より早く回答が返ってくる、新しい通信教育の形とは?
  •  

  • 当たり前のように使っているインターネットを勉強に役立てる5つの活用法とは? (資格試験勉強がしやすくなった、実に良い時代に生まれたと言わざるをえません)
  •  

  • 今や小学生も持ち歩いていますが・・・携帯電話で合格を近づける、勉強のための利用方法とは?

ここまで見れば、
もう計画の立て方で迷うことはなくなっているはずです。

 

今まで特に計画も立てず、なんとなく試験日を迎えてしまっていたとしても、

このDVDを見た後では、
実に戦略的、かつ、合格までの道がはっきり見える計画が立てられることでしょう。

 

さあ、次はいよいよ、「合格」に的を絞った中村流勉強法です。

※画像はイメージです。

 

一般の人の勉強には非常に大きなムダがあります

 

ここでは、今までより短い時間で、そして少ない努力で今まで以上の効果をあげる勉強方法を公開しています。

 

試験の合格と不合格を分けるもの。

それは、勉強法を知っているか知らないかの違いです。

 

同じ時間だけ勉強しても、同じ分量だけ勉強しても、 この勉強法をマスターしているかどうかで取れる点数が大きく違ってきます。

 

私がどうして多忙の中、452個もの資格に合格できたのか。
どうして2,000人以上もの人が結果を出してきたのか

 

私が「平成の資格王」と呼ばれるようになった理由である、
資格試験合格に的を絞った勉強法を公開します。

 

  • 一生懸命勉強したのに不合格になる人。知識が無いのに合格してしまう人・・・ その違いを分ける、受験生の4つのタイプとは?
  •  

  • 試験に強い人だけが知っている、資格試験でこそ有効な「ねらい」とは? (なぜか試験になると良い点数を取る人には、ある共通点があったのです)
  •  

  • これ以上無駄な努力をしないで済む・・・70点と100点がまったく同じと言えるワケとは?
  •  

  • 資格取得に挑む人が目指すべき、落とし所とは? (言われてみれば納得できることですが、案外これに気がつかず勉強してしまう人が多いのです)
  •  

  • これを忘れると、あと1点の差で落ちてしまうかもしれない・・・考慮するべき2つの失点とは?
  •  

  • 試験問題が作られる際の7つの基準とは? (特に重要なのはこのうち3つですが、これを知ることで最善の試験対策が見えてくるのです)
  •  

  • 出題者の意図が透けて見える・・・試験問題作成の3つの基準をクリアしている、唯一の参考書とは?
  •  

  • 過去問をやらなければならない3つの理由とは? (「問題作成者はどんな人を合格させたがるか」を考えれば見えてくることがあるのですが・・・)
  •  

  • 試験官には見抜かれています・・・あなたが努力をしたかどうか、ひと目でバレてしまう試験問題とは?
  •  

  • ほとんどの人がその75%を切り捨ててしまっている、問題文のある部分とは? (重大なヒントなのに、実にもったいないことです)
  •  

  • これが合否を分けることもあるのですが・・・テキストを選ぶ4つのポイントとは?
  •  

  • 勉強量を減らせば減らすほど、逆によく身につくワケとは? (なんとも非常識な話ですが、聞いてみれば「なるほど」とうなずくことでしょう)
  •  

  • 勉強時間を増やす? 数をこなす?・・・ずばり、最良の勉強法とは?
  •  

  • 勉強をしたことが、かえって失点を招くことになる、1つの注意点とは? (これをしてしまうと先入観がつき、逆にミスが増えてしまうことになるのです)
  •  

  • これができたら、ほぼ合格決定です・・・選択肢問題で有効な、正答率を70%以上に持っていく方法とは?
  •  

  • 「勉強したところが試験に出た!」を可能にする、実は正統派の勉強とは? (試験問題にはある法則があるからこそ、これが可能になるのです)
  •  

  • 合格への近道とも言えますが・・・早く暗記物を済ませるべき2つの理由とは?
  •  

  • 使い古された暗記方法がもっとも役に立つ4つの理由とは? (敬遠する人が多い方法ですが、やらない人が多いからこそ、これをやったら一歩抜け出せるのです)
  •  

  • 記憶術と聞くと、つい、魔法のような方法があるのでは?と期待してしまいますが・・・ 多くの人が見落としてしまっている、記憶術・暗記術の落とし穴とは?
  •  

  • 選択肢問題で威力を発揮する、誤答に惑わされないための1つの方法とは? (このやり方でやると、正答率がアップするだけでなく時間も節約できてしまうのです)
  •  

  • 「正しい組み合わせを選べ」という問題で・・・正答率80%が可能になるワケとは?
  •  

  • 良い問題集を選ぶ3つの方法とは? (このうち1つを使えば、効果が保証されている問題集を選ぶことができてしまいます)
  •  

  • あなたに当てはまらなければいいのですが・・合格できない人の典型例とは?
  •  

  • カリスマ講師のいる予備校に行ってはいけない1つの理とは? (多くの人が引き寄せられるようにカリスマ講師を選んでしまいますが、実はこれが合格できない原因だったのです)
  •  

  • 入ったからには使い倒せ・・・スクール・予備校の3つの活用法とは?
  •  

  • 本番で実力を発揮するために使える、ある道具とは? (コンビニでも売っているものですが、これが集中力を高めるために使えるのです)
  •  

  • 試験で頭が働かない・・・試験前1週間にするべき、試験で頭をフル回転させるための習慣とは?
  •  

  • 試験当日の悪条件に負けないための事前準備とは? (これをしておけば隣の人の貧乏ゆすりも鉛筆の音も、もう気になりません)

ここでの話を聞くと、「本当にそれでいいの?」と、
疑問に思うこともあるかと思います。

なぜなら、今までの常識とかけ離れた勉強法を紹介しているからです。

 

でも、それでいいのです。
とりあえず1つか2つ、私が言う通りにやってみてください。

 

きっと、今までの勉強がばかばかしく感じ、
私の勉強法を1つ残らず取り入れてみたくなるでしょう。

 

さて、勉強法を実践して勉強してきたあなたは、試験本番を迎えることになります。

 

次のDVDでは本試験で、
あなたの持てるすべての力を発揮する方法をお教えします。

※画像はイメージです。

 

あまり勉強できないまま当日を迎えてしまった、けど、合格する人。

充分に勉強をしたのに当日で失敗して不合格になる人。

 

実はこういう逆転現象は、けっこう起こり得るのです。

 

そのどんでん返しが起こる原因は体調管理の良し悪しであったり、 問題を解く戦略を知っているかどうかだったりします。

 

ですが、せっかくここまで来たからには、100%実力を発揮して
合格しなければ「もったいない」と言わざるを得ません。

 

試験会場まで足を運んだ以上、「合格」という2文字だけを 持って帰れるようにする方法をお伝えします。

 

  • 1年間の勉強効果を一気に高める、試験直前にするべき勉強とは? (試験前はあせっていろいろやりがちですが、これだけに集中するのが得策です)
  •  

  • 覚えることが多すぎる・・・試験範囲が広いからこそ今のタイミングで重要になる、たった1つのアイテムとは?
  •  

  • 当日に頭の回転をピークに持っていく、試験前日の過ごし方とは? (忙しくても落ち着かなくてもこれだけは守るようにしてください)
  •  

  • 遅刻しないのは当然ですが・・・試験会場に着くまでに優位にたつ、試験会場までの移動のコツとは?
  •  

  • 試験当日に必ず手にいれるべき、1つの紙とは? (普段は邪魔くさいと見向きもしないものでも、ここでは大いに役に立つのです)
  •  

  • 1問目から解いてはいけません・・・高得点をとるための、 問題を解く手順とは?
  •  

  • 受験をしていないのに合格証が届いた・・・これが招いた、笑えない1つの悲劇とは? (これは私の実話ですが、だからこそ試験で注意しなければならないのです)
  •  

  • 難しいから後で・・・と問題を飛ばす前にやるべき1つのこととは?
  •  

  • 一度選んだ答えを変えたくなったら、変えたほうがいい? (統計学的にも証明されていることですが、これには明確な答えが存在します)
  •  

  • ページの上にあるか下にあるかで大違いです・・・問題が印刷された場所によっても、正答率が変わるワケとは?
  •  

  • 試験中の集中力を持続させるための、1つの大胆な方法とは? (実に効果がある方法ですが、試験官に注意されないようコッソリやってください)
  •  

  • マークシートは1つ1つ塗るのがいいのか、まとめて塗るのがいいのか・・・ミスを最小限に抑える、 マークシートの塗り方とは?
  •  

  • 試験が終わったあとにするべき、1年後を見据えた作戦とは? (遊びに行くのは、どうかこれをやってからにしてください)

これを見たら、あなたは怒り出すかもしれません。

 

なぜなら
今までいかに試験で損をしていたか、
今までどんなに、取れるはずの点数を落としていたかに
気がついてしまうからです。

 

でも、これを見ればもう試験日を迎えるのが怖くありません。
悲痛な顔をしたほかの受験生を尻目に、
ゆうゆうと試験会場を後にしましょう。

DVDだけでも充分語り尽くしてはいるのですが、
100%の確信を120%に変えてもらうために、
以下の3つの特典を無料でつけることにしました。

※画像はイメージです。

 

DVDの中で私が説明に使っているレジュメを、冊子の形でまとめました。

 

冊子ならば場所を選ばないため、
会社や学校への行き帰りの電車の中、バス停で待っているとき、
トイレの中ででも、手軽に勉強法を身につけることができます。

 

DVD 3枚分、すべてのレジュメを1冊にまとめています。

 

まず冊子に軽く目を通してからDVDを見て、学習効果を高めるとか、
DVDを見ながら冊子に書き込みをしていくのも良いと思います。

 

試験会場に持っていって、本番の試験対策をちょっと確認し、
自信を持って試験を受ける、なんていう使い方もできます。

 

活用方法はいくらでもあります。
どうぞ、ボロボロになるまで使い込んでください。

 

※この特典はDVDと一緒に発送いたします。

※画像はイメージです。

 

資格を取得する目的はいろいろあるでしょうが、
もし、それを収入アップにつなげられたら、
うれしくありませんか?

 

無数の資格を取得し、資格の活用方法まで知り尽くした中村が、
資格を取得して収入を増やす方法を語っています。

 

「不況だから」などと収入ダウンに甘んじていないで、
収入アップを狙ってみてはどうでしょうか

 

※この特典はDVD Disc-3の最後におさめられています。

※画像はイメージです。

 

「試験勉強なんてもうイヤだ!!」

 

あなたもひょっとして、こんなふうに投げ出したくなったこともあるかもしれませんね。

 

そこで、試験を上手に乗り切ってもらうために、
私がたくさんの資格を受ける中で身につけてきた経験則を
「合格する10か条」として書き表しました。

 

これを毎日ながめて、資格を取って活躍している未来のあなたに
一歩も二歩も近づいてください。

 

※この特典はPDFファイルでのご提供となります。
PDFのダウンロードURLは、DVD同封の用紙に記載いたしております。

資格試験に合格したいなら、予備校に行って数十万

 

そんな基準、誰が決めたのですか?

 

 

資格試験の予備校に通うと、数十万円というお金がかかります。
通信教育を受けても、5万円以上というのが相場です。。

 

ましてや、予備校のように1回だけの授業で終わるのではなく、
DVDなら何回も見られますから、一般的に言って、
それ以上の価値はあるのだと思います。

 

だからと言って、このDVDを何十万円もする値段で売ろうとは思っていません。

 

値段は、31,500円にしました。
この金額が高いと感じるなら、どうぞこのページを閉じてください。

 

しかし、閉じる前にちょっと考えてほしいのですが、
31,500円で、勉強時間が短縮され、合格可能性を高める方法を、何か思いつくでしょうか?

 

何にお金を使ってもかまいません。
参考書を20冊買い込んでもいいですし、予備校の3日間講習に行ってもいいです。
自習室を2ヶ月契約するのでも構いません。

 

何か、短い時間で、少ない努力で資格を取得する方法を
思いついたでしょうか?

 

 

おそらく、無かったのではないかと思います。少なくとも私は知りません。

 

結局、あなたの勉強法を変えない限り、
根本的な解決にはならないのですから。

 

 

このDVDで正しい勉強法を知った結果、

資格取得が早まり、合格可能性が高まるのであれば、
31,500円は高くないのではないかと思います。

 

もし、合格が1年延びたら、その分余計な費用がかかります。
受験料、参考書代、予備校の講習費、模擬試験代など・・・。
合わせれば5万円やそこらでは済まないでしょう。

 

それに何より、もう1年、余計に勉強をしなければならない
ということです。

 

また不合格になるかもしれないという不安をかかえ、

今度こそ合格しなくてはとのプレッシャーを受けながら

多忙の中、時間を見つけて参考書を開き、

貴重な日曜日をつぶして模擬試験を受ける・・・。

 

こんな生活があと1年もの間、続くのです。

 

それよりは、早く受かってしまって、資格を取得した喜びとともに、
好きなことに時間を使うのがいいと思いませんか?

 

 

もし、私の勉強を知ることで合格可能性が高まり、1回で合格できたとしたら、
お金はもちろん何より大事な時間までが節約できることになるのです。

 

そう考えれば、
31,500円は決して高くないと言えるのではないかと思います。

 

 

ですが、私もはじめは勉強に苦しんだうちの一人でした。
いくら努力しても希望の点数に達しないときの悔しい思いはよく知っています。

 

ですから、31,500円という数字を見てもページを閉じず、
ここまで私を信じてくださったあなたに、
特別価格で提供しようと思います。

落ちて何回も試験を受けるよりは、このDVDを買って、1回で合格できたなら、
そのほうが結果的にお金も少なくてすむのではないかと思います。

    

 

  

タイマー

  

通常価格 31,500円

 

特別価格】

 

◯別途、送料1,500円頂戴します。


お客様の情報は暗号化され安全に送信されます。

>>お電話でのご注文はこちら<<
※電話注文は土日祝がお休みです。

 

※各種クレジットカード、銀行振込、コンビニ決済、Bit Cashがご利用になれます。
なお、銀行振込およびコンビニ決済の場合のみ、振込手数料をご負担下さい 。

 

<発送について>
※ 土日祝日はお休みをいただいております。
※ 発送は、代金決済完了後、翌営業日に発送しております。金曜日にご注文いただきました場合、発送は月曜日(月曜日が祝日の場合は翌営業日)です。
※ 配送会社はヤマト運輸です。配送が完了いたしましたら、メールにてご連絡させていただきますので御確認ください。
※ 発送は神奈川県からの配送となりますので、地域によっては到着が翌々日以降になることがございます。

こんな笑い話があります。

 

ある木こりが、あせったように木を切っていました。
彼のノコギリは刃がぼろぼろで、切るのにえらく苦労していました。

 

そこを通りがかった人が見かねていいました。
「刃を研いでから切ったら、もっと早く終わるのに」

 

すると、木こりは泣きそうになりながら怒鳴り返しました。
「刃を研いでる時間なんか無いんだ!!」

 

 

私には、勉強法を知らずに資格試験に挑もうとしている人が、
この木こりと同じように思えてなりません。

 

勉強法を知っているのと知らないのとでは、その後の勉強の進みが全然違うからです。

 

最初に、ほんの少しの時間をとってノコギリを研げば、
トータルでかかる時間と労力は、大幅に節約できた。

 

あなたも、個々の科目の参考書を開く前に、まずは「勉強法」を知るために、
時間を使ってみるのが賢い選択と言えるのではないでしょうか。

さて、もう合格に向けて一直線に走り出す準備はできたでしょうか?

 

 

もしかしたら、あなたはこのDVDを手に入れたら、
バラ色の人生が待っていると思っているかもしれません。

 

でも、正直に言っておきます。勉強法を手に入れると同時に、
失うものもあるということを。

 

 

私は「勉強法を知りさえすれば、すべて上手く行ってばんばんざい」
などと聞こえのいいことばかりを言うつもりはありません。

 

正しい勉強法を知ったら何が起こるか。

 

それは、あなたがこれまで合格できない理由にしていたものが、
すべて消えて無くなってしまうということです。

 

 

第一に、もう言い訳ができません。

 

今までは、「毎日忙しいから」とか、「予備校に通ってないから」とか、
いくらでも言い訳ができたかもしれません。

 

ですが、最短時間で、最小の努力で合格する勉強法を
知ってしまった以上、いつまでも合格しない言い訳ができなくなります。

 

 

第二に、もう参考書を買って勉強した気になることもできません。

 

これまでは、書店に寄って資格試験コーナーの棚に向かうことで、
勉強している気になっていたかもしれません。

 

ですが、もうあなたは本物の勉強法を知っているのです。
無駄な参考書にお金を使って、
「合格に向かって努力している自分」を演じている暇はなくなります。

 

もう一直線に合格に向かって走り出すしかなくなるのです。

 

 

もしも、いつまでもそういった「甘え」を自分に許したいのであれば、
このDVDは申し込まないでください。

「あの試験、合格率たった3%だから」などと、合格できない者同士で
傷をなめあっていたいのなら、きっと後悔することでしょう。

 

 

 

でも、そういったつまらないことを全部捨てて、
それでもなおかつ合格する覚悟ができたのであれば、
どうぞこのDVDを見て、勉強法を身につけてください。

 

 

2,000人以上が実践し、結果を出してきた勉強法です。
きっと、合格が一気に近づくのを実感できると思います。

 

 

 

ぜひ、一日でも早く資格を取得して、本来やりたかったことに力を注いでください。

 

合格を勝ちとって、一回り成長を遂げたあなたに会えますように。


お客様の情報は暗号化され安全に送信されます。

 

― 追 伸 ―

不合格になってから
「もっと勉強しておけばよかった」

と後悔することほどつまらないものはありません。

 

もし、もっと勉強しておけば、合格できたかもしれない。
もし、もっと効率的に勉強できたら、
短い時間の中でも、合格できたかもしれない。

 

そんな悔しい思いは、誰もしたくありません。

 

だからもし、この勉強法のことが少しでも気になっているのであれば、
特別価格で申し込めるうちに手に入れるのが
得策ではないかと思うのです。

 

 

特別価格は2日間だけですから、どうぞ、
「あのときに申し込んでおけばよかった」との後悔を
しないようにしてください。


お客様の情報は暗号化され安全に送信されます。

 

>>お電話でのご注文はこちら<<
※電話注文は土日祝がお休みです。